2012年12月3日月曜日

セローのタンク内部のサビ

キャブレターに水が侵入していたので、セロー225のタンクのガソリンを抜いてみたところ、こんな錆びが吐き出されました。・・・



どうやらタンク内部が結露してしまい、結露を元に発生した水によって、このような錆になったようです。

バイクに乗る人は長期間バイクを放置する場合は燃料タンク上限一杯一杯までガソリンを入れておきましょう。そうすると燃料タンク内部で結露が起こりにくくなります。

タンクの内部にもサビが認められるので、出来れば「花咲かG タンククリーナー」といったタンクの内部を綺麗にした上でで綺麗にしてから乗りたいと思っています。

サンポールを利用したさびとり方法もあるようですが、サビを落としたあとの防錆処理を考えないといけないため、面倒そうです。安くは上がるようですけどね。

0 件のコメント:

コメントを投稿