XTZ125のリアブレーキカム考察

XTZ125のブレーキカムは現在欠品していて、純正部品として入手できない。そこでいろいろと探し回ったのだが、なかなか出てこないのだ。

一番の線はブレーキに近いスプロケットやハブやベアリングの部品番号が酷似する、DT125,DT125R,DT200Rの系統だがもう清算中止の部品だったりするので当てにならなかったりそもそも長さがぜっったいに足りなかったりするのであきらめていた。

だがこの画像のものなら形状も長さもXTZと似ている。

この部品はマジェスティ250の最初期型の4HC用のものらしい。

リアがドラムブレーキ時代のスクーター系車両のリアブレーキカムを探索すれば、いいものがでてくるかも

コメント

人気の投稿